2011年05月24日

このブログには、4年振りに帰ってきたらしい。

久しぶりに、ここに触れてみると、自分がどれだけ変わったかわかる。

その言葉も、気持ちも、まったく、昔の自分とは違うとわかる。


4年間、多くのことを学んだ。

世の中の仕組みを知りたいと進んだ道。

経営コンサルタントとしての道だ。

たくさんの経験を通して、ノウハウも知識も心も身につけた。


半年後、おれは違う道へ進む。

もっと大きな道へ。

4年前、おれに勇気があれば、進んでいたはずの道へ。


すぐに結果が出ればよし。

時間がかかっても、せいぜい3年だろう。

そんなもん、あっという間だ。


コンサルタントとして、経営の根幹に触れながら、心の隅でいつも思っていたこと。

自分の事業領域の設定が一番大事なんだ。

その領域の中で上手くいく手法なんて、大きな視点で見たら、誤差だ。

経営コンサルタントとして進むことを決めたその時から、常に感じていた。

この道は、おれの一生をかけて進む道ではないと思っていた。


もう、一生をかける道へ進んでいいんじゃない?

そう、自分に許しを出した。
posted by TEPPEI at 22:07| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

結婚するならどんな女性がいいか?

先日、一番の親友と二人話していたときのこと。

結婚についての話題になりました。

そのときの議題は、「結婚相手は、可愛いくてイケてる女性がいいか、そこまでイケてない女性がいいか」ということでした。

最近の二人の結論は、どちらも同じでした。

そこまでイケてない女性がいい。。。

イケてるコと付き合うと大変だと。

彼女らは、自分の価値をわかっているから、わがままだったり、浮気の心配をしたり、大変だと。

それよりも、自分に合わせてくれる相手の方がいいのではないかと。

なるほど。お前もそう思うかと。

彼女らとは、付き合うのはいい。しかし、結婚するとなると、それはそれは大変だろうと。

しかし、気を許せる相手と一緒にいると、自分の向上がないので、それはそれで嫌だなと思うわけです。

イケてる男性への道は険しいものです。
posted by TEPPEI at 12:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

人に頼れる人は、とても強い人だ

昨日は友人三人と話をしました。

そこで議題に上ったのが、甘えることについてです。

四人のうちの一人は、とても人懐っこくて、みんなに愛されるキャラクターを持ったコなのです。

そのコは、なにかつらいことがあると、すぐに人に頼ると言います。

友達に泣きながら電話して、なぐさめてもらうのです。

それを聞いて、僕は、そのコのことを、とても勇気がある、強いコだなぁと思いました。

そこまで人に頼ることができるのは、僕にはできないし、とてもスゴイことだなぁと思いました。

誰かに甘えて、頼って、身体を支えてもらったとして、その支えを外されたときのことを考えると、
とてもじゃないけど、その恐怖に足がすくんでしまいます。

だからこそ虚勢を張って生きている。そんなところがあるかもしれません。

自分ひとりでしっかりと地面を踏みしめて立っていなければならない。

そう思っています。
posted by TEPPEI at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

経験が物語るもの

「経験」について、今日は象徴的なできごとがありました。

同年代の有人二人と居酒屋に行ったのですが、とてもおもしろいことがありました。

あまり具体的には話せないのですが、三人で話していて、●●をしたいという話をしていました。

その際、一方は、自分が経験しているのだけれども、すべては明かさず、控えめに話していました。
そして、もう一方は、まだ経験していないけれども、こんな風だったらいいなぁという願望を話していました。

さて、僕がどちらに惹かれたか。

もちろん、前者です。

多くを語らないのに、控えめにしているのに、その経験の深さが伝わってしまう。

いや、控えめにしているからこそ、伝わってしまうのでしょうか。

そこには、経験に裏打ちされた重みがにじみ出てしまうようです。

過剰なアピールをする人間よりも、控えめにしているのに、目立ってしまう。

僕はそんな人間が格好いいと思います。
posted by TEPPEI at 21:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

インドでバイク旅行

0Aero_large_04.jpg

バイクが欲しいなぁと。

インドをバイクで走り回りたいのです。

学生時代。今から4年前に、インドを訪れた際に、とても強く思ったこと。

バスでインドからネパールへ渡るために通った国境沿いの山や川、
鉄道で移動中に、荷の積み降ろしのために停車した町、
観光旅行では行けないような、奥地にある村、
そんなところを、バイクに乗って訪れたいのです。

もし、本当にバイクで行ったら、
『きっと砂やホコリまみれになるんだろうなぁ』

『途中で調子が悪くなってバイク屋に持っていっても、なかなか見てくれないんだろうなぁ』

もし、市街地に行ったら、
『きっと、人や車が多すぎて、バイクを手で押しながら、人ごみをかき分けて進んで行かなきゃいけないんだろうなぁ』

と、思うけど、そこがまた、インドの魅力だと感じるのです。

いーなぁ!
posted by TEPPEI at 23:54| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

充実した一日

今日は、とても刺激的な一日でした^^

早慶戦野球の観戦、浄瑠璃の先生の講演、とあるビジネス立ち上げのための打ち合わせと。

まず、念願の早慶戦に行ってきました!
一塁側ネット裏の特別席で観ました。
野球通のMのおかげで、とても楽しかったです^^
ありがとう!

野球って、バッターがボールを打つと、守備は一斉に動くんですね。
テレビでは球場全体は映らないので、初めて気づきました。
試合時間2時間で、早稲田が3-0と快勝でした♪


次に、とある勉強会で、浄瑠璃の先生のご講演を賜わりました。
月に一回、社会で活躍されている高名な方をお呼びして、大学生がいますべきことをお話しいただくという勉強会です。
先生は人間国宝となっておられる方です。
芸能と接するきっかけとなり、大きな刺激でした!


そして、とあるビジネスの打ち合わせ。
早大生を中心に、ビジネスを立ち上げようと、同年代が集まりました。
そこでは、Nくん、T、O社長と、おもしろい出会いがたくさんありました!
ずっとずっと以前から、色々と噂を伺っており、ぜひいつか会いたいと思っていたNくんと、思わぬところで出会うことができました。
彼は、僕たちの年代では、日本で最もスゴイ学生の一人でしょう。
大手広告代理店のD社で、まったくの人脈無しの状態から、自力で社内初のインターンを勝ち取っています。
イメージしていたとおり、とてもさわやかな好青年でした^^

Tは、初対面でしたが、彼の発する方言がぼくの地元の方言と非常に似ているなぁと気になりました。
尋ねてみると、なんと地元が同じ!
というよりも、むしろ隣の中学校でした!
さらに、彼は軟式テニス部に所属していたと!
僕も軟式テニス部でしたから、試合の際に出会っていたことが判明しました!
びんびんにシンクロしてますね!

また、O社長は、長年、大手産業機械製造メーカーのY社に勤められ、マンガ広告の事業で独立、急成長を遂げていらっしゃいます。
O社長からは、プロフェッショナルという印象を非常に強く受けました。
経験に裏打ちされた言動は、非常に一貫性がありました。

ありがとうございました!
皆さん、これからよろしくお願いしますm(_ _)m


今日はとても充実した一日でした^^
posted by TEPPEI at 02:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

雨の恵比寿 neuf cafe

今日は、恵比寿のneuf cafeに行きましたー!
http://homepage3.nifty.com/cafemania/01cafe/ebis06_neufcafe.html
カフェブーム火付け役の一人、武田康伸さん経営の1号店。

先週、ある方に連れてってもらったのですが、ここステキですよー♪

使い古された、ソファ、家具、小物、本、オーナーや店員さんの好きなアンティークが、たくさん置かれてます。

自分の部屋を、こんな部屋にしたいです。

恵比寿は隠れた名店が多いですね!


夜は、「私の頭の中の消しゴム」を見ました。

あーれは、やばい。。。

泣きまくりでした。。。

以前は、こんな泣き虫じゃなかったのに、明らかに涙もろくなったなぁ;;


明日こそ早慶戦!!
posted by TEPPEI at 04:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

黙ってたんですが、実は就職先を・・・

就職先、決めました!

船井総研です!

コミュニティーを見れば、一目瞭然なんですがw
ちゃんと宣言したかったのです( ̄▽ ̄)


一足先に、合格通知(内々定)を頂いてからも、けっこー考えました。
正直、迷ってました。

合格通知を頂いた時点で、行きたい度50%

将来を考え。

改めて、小山社長始め社員さんの本を読み。

社員さんのmixi・GREE日記を読み。

ピン!と来たので、「お願いします」とお願いし、内定を頂き。

内定者懇親会に出て。

Gさんと話して。

すっきり決めました^^


もう一社には、今日、正式に内定辞退を伝えました。


しかし、さんざんセールスやりたいって言ってたのに、
終わってみれば、まさかのコンサルとは・・・。
いいんだー( ̄ε ̄)
大学1年のときから、船井総研に行きたいと思ってたし!

目指すは、ジェイ・エイブラハム!
posted by TEPPEI at 03:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

お金は稼ぐものではなく、作るもの

「プロデューサーズ」って映画、見てきました!
http://www.sonypictures.jp/movies/theproducers/site/

かなりオススメです^^

しっかし、一番の感想は・・・

濃ゆい(-_-;

見た人だけがわかるでしょうw


内容は、ブロードウェイの冴えないプロデューサーが、ドタバタするコメディーです。
内容も良かったんだけど、かなりおもしろい点に注目してしまいました。
ストーリー中、プロデューサーが、作品をブロードウェイで上演しようと奔走する所があります。

そこでのプロデューサーの仕事というのは、
・脚本を探して、
・演出家を探して、
・出資者を募って、お金を集め、
・役者を探して、
・ブロードウェイを上演する
ことでした。

なるほどー。
以前、Gさんに教えてもらったこと。
「お金は稼ぐんじゃなくて、作る」
稼ぐのは限界があるけど、作るのは限界がない。
ということがありました。

「プロデューサーズ」が、その一つの例になりました!
posted by TEPPEI at 19:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

ここで、インドの旅をまとめよう!

今更ながら、インドの旅を振り返ろうと思いますw

気づけば、7ヶ月も経ってますが;

まだまだあの時の感覚は覚えてますので、

ここでまとめをば!


そもそも、なぜインドに行ったのかというと・・・

バラナスィの沐浴場.JPG      タージの入り口側!.JPG
バラナスィの沐浴場           タージの入り口側!(よくある写真を撮ってる方)

はい!
好奇心からでした!

海外に出てみたい!
旅をするってどんな感覚なのか体験したい!
英語で会話したい!
外国人と話したい!
インドって本当に伸びるのか、見てみたい!
宗教に生きる人たちと触れ合いたい!
不自由で危険な生活を通して、本能を鍛えたい!
命がけのゲリをして、第六感を身につけたい!
インドに行って、自分を探したい!

 と、いうようなことを、本気で考えてましたw

結果は、
けっっこー予想外のこと多かったですw
上の方のは、もちろん得られたけど、
肝心の、下3つは、全然想像と違いましたorz

幸か不幸か、インドでの生活も、日常の延長でした。
僕は、そこには、もっと非日常のモノコトがあると思ってました。
が、そうではなかったようです。

もちろん、この旅を通して、たくさんの刺激を受けました。
言葉や習慣が違うから、初めて体験も、たくさんしました。
でも、それは、日本での生活と、とても通ずるもののある体験でした。
普段、日本で気をつけるようなことに、しっかりと気を配っていれば、
トラブルになんて、そうそう巻き込まれません(-_-)(_ _)

本当、僕にとっては、本能鍛えるために、
インドに行くか、山に籠もるか、みたいなとこだったので、ちょっと残念w

旅の間はむしろ、こっちからトラブルに飛び込んでた節もあります(-_-;)
インド人の家に付いていったり、インド人と手を組んでお金を稼いだり、
インド人にブチ切れてみたりw
彼らは、こっちが怒るまで、諦めませんw

今、考えると、大切なのは、外にあるモノコトじゃなくて、
それをどう感じるかの、自分の心だったのかなぁと思います。

例えば、タージマハルを見れば、そりゃーすごいです!感動です!
『よーく全部石で、こんなもん作ったなぁ』と。
でも、丸の内のビルを見上げても、同じように感動するわけですw

また、旅中は、確かに周囲の状況を察知することに敏感でした。
言葉が通じなくても、相手の表情に意識を向けて、『あ、こう言いたいんだな』と読み取ることができました。
でも、日本でも、友だちの表情に意識を向けると、より感情が、読み取れるようになったように感じます。

海外だから、インドだから、世界遺産だからすごいっていうわけじゃないんですね。

大切なのは、あるモノコトに触れて、感動できる自分の心だったのかと。
一つのモノコトから、よりたくさんの情報を読み取れる敏感さなのかと。
今は思うわけです。

どうやら、そういう感覚って、海外に行かなければ得られないというわけではないし、
すごいものに触れなければ、磨けないというわけでもないようです。
身近なところにも、意外なほど、たくさん転がってるみたいです。

要は、自分の目の前を通り過ぎるものに、好き嫌いの区別をはっきりさせることのようです。
そのときに、「好きなモノコトを探す」ように意識すると、自分の好きなモノコトにどんどん敏感になれるようです。
敏感になるから、より感動することも多くなるようです^^

いや、もちろん、海外はすっごい行きたいですよw
旅行、大好きです!
posted by TEPPEI at 12:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。