2006年05月03日

ここで、インドの旅をまとめよう!

今更ながら、インドの旅を振り返ろうと思いますw

気づけば、7ヶ月も経ってますが;

まだまだあの時の感覚は覚えてますので、

ここでまとめをば!


そもそも、なぜインドに行ったのかというと・・・

バラナスィの沐浴場.JPG      タージの入り口側!.JPG
バラナスィの沐浴場           タージの入り口側!(よくある写真を撮ってる方)

はい!
好奇心からでした!

海外に出てみたい!
旅をするってどんな感覚なのか体験したい!
英語で会話したい!
外国人と話したい!
インドって本当に伸びるのか、見てみたい!
宗教に生きる人たちと触れ合いたい!
不自由で危険な生活を通して、本能を鍛えたい!
命がけのゲリをして、第六感を身につけたい!
インドに行って、自分を探したい!

 と、いうようなことを、本気で考えてましたw

結果は、
けっっこー予想外のこと多かったですw
上の方のは、もちろん得られたけど、
肝心の、下3つは、全然想像と違いましたorz

幸か不幸か、インドでの生活も、日常の延長でした。
僕は、そこには、もっと非日常のモノコトがあると思ってました。
が、そうではなかったようです。

もちろん、この旅を通して、たくさんの刺激を受けました。
言葉や習慣が違うから、初めて体験も、たくさんしました。
でも、それは、日本での生活と、とても通ずるもののある体験でした。
普段、日本で気をつけるようなことに、しっかりと気を配っていれば、
トラブルになんて、そうそう巻き込まれません(-_-)(_ _)

本当、僕にとっては、本能鍛えるために、
インドに行くか、山に籠もるか、みたいなとこだったので、ちょっと残念w

旅の間はむしろ、こっちからトラブルに飛び込んでた節もあります(-_-;)
インド人の家に付いていったり、インド人と手を組んでお金を稼いだり、
インド人にブチ切れてみたりw
彼らは、こっちが怒るまで、諦めませんw

今、考えると、大切なのは、外にあるモノコトじゃなくて、
それをどう感じるかの、自分の心だったのかなぁと思います。

例えば、タージマハルを見れば、そりゃーすごいです!感動です!
『よーく全部石で、こんなもん作ったなぁ』と。
でも、丸の内のビルを見上げても、同じように感動するわけですw

また、旅中は、確かに周囲の状況を察知することに敏感でした。
言葉が通じなくても、相手の表情に意識を向けて、『あ、こう言いたいんだな』と読み取ることができました。
でも、日本でも、友だちの表情に意識を向けると、より感情が、読み取れるようになったように感じます。

海外だから、インドだから、世界遺産だからすごいっていうわけじゃないんですね。

大切なのは、あるモノコトに触れて、感動できる自分の心だったのかと。
一つのモノコトから、よりたくさんの情報を読み取れる敏感さなのかと。
今は思うわけです。

どうやら、そういう感覚って、海外に行かなければ得られないというわけではないし、
すごいものに触れなければ、磨けないというわけでもないようです。
身近なところにも、意外なほど、たくさん転がってるみたいです。

要は、自分の目の前を通り過ぎるものに、好き嫌いの区別をはっきりさせることのようです。
そのときに、「好きなモノコトを探す」ように意識すると、自分の好きなモノコトにどんどん敏感になれるようです。
敏感になるから、より感動することも多くなるようです^^

いや、もちろん、海外はすっごい行きたいですよw
旅行、大好きです!
posted by TEPPEI at 12:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいな〜!
俺海外行ったことないのよ・・
卒業まであと少しだし、沢山旅行したいわ!
あ、内定者の仲間で旅行とかもいいよね!
Posted by Ryo at 2006年05月03日 15:18
海外行くべしw

内定者旅行いいねー!
こないだ、スノボ行こうぜって話出てたよ。
今年こそは180℃!
Posted by てっぺー at 2006年05月05日 19:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17326134

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。